English/ 英語

About Us

チャネリング
公開チャネリング
個人セッション

チャネリング情報
クライオン
ロバート・シャピーロ
アンマ
ガイア
クツミ

トッド・オボカイティス博士
ロバート・コクソン

エネルギー・ワーク
EMFバランシングテクニック

イベント
イベント・セミナー日程
スピリチュア・ツアー
 
プロダクト
ヒーリング音楽
ソウル・ペインティング
タキオン

 [リンク]
 [お問合せ]

 [Home]



Naomiの部屋

 
はじまりはイスラエル

私のスピリチュアルな旅はイスラエルからはじまりました。
レイは人と土地や国のエネルギーとの相性の良し悪しが存在する、と言います。
彼にとって日本はいいようで、私にとってはそれがイスラエルではないかな、と感じています。
24歳の時、ただなんとなく勤めていた仕事に疑問を感じて、人生にはもっと面白いことが
あるはず、と思い、会社をやめてイスラエルに行くことにしました。

もともとユダヤ教やキリスト教など聖書に興味があったのと、たまたま雑誌でキブツ
(イスラエルの社会主義コミュニティ)というのを知って、面白そうだと思ったからです。
会社に退職届を出して準備していると学生時代の友人がイスラエルで日本人のベ
ビーシッターを探しているから行かない?と聞いてきました。
なぜかその電話の数日前に数ヶ月会っていなかったその友人をエレベーターで
話をしている夢をみていました。
気になって夢占いの本で調べてみると、ちょうど上にいくエレベーターの中で
誰かに話しかけられた夢をみたら、人生がいい方向に向かう兆候なのでその人の
言うことを聞くべき、というようなことが書いてありました。

話がとんとんと進んで、その1ヵ月後にはイスラエルで生活していました。
ベビーシッターはかなり隔離された生活で好きなこともできなかったので2ヶ月ほど
でやめて、自分で暮らしはじめました。

その後すぐに観光ガイドのトレーニングに参加しました。
もともと興味のあった宗教や歴史を勉強するには最適のコースでした。
ただ、ユダヤ教やキリスト教、イスラム教を勉強していくうちに、
「何故こんなに規則ばかりなんだろうか?人間にはそこまで戒律が
必要なのだろうか?」という疑問が生じました。

新約聖書にはイエス・キリストの愛に満ちた言葉が描かれていますが、
旧約は規則、そしてそれに従わなかったときの罰則などの物語も
多いのです。

コースの一環として砂漠の中のテントに泊まった時がありました。
あまりにも星がきれいだったので、外で寝たのですが、深い静寂の中で
はっと、大きな、厳しい自然を前にした自分という小さな存在を認識しました。

この時、中東を起源とする宗教の意味を理解しました。
この厳しい自然の中では、戒律なしに人は生き残れない。
聖書とはこの厳しい環境の中で生き残る為の知恵だということ。

そして水、緑の豊かな土地で育った私には仏教が合っているのかな、
と感じました。

人は幸せ、もしくは救いを求めて、神なり宗教を探求します。
私もそうでした。
でも個人の背景、環境によってその方法が異なるのは
当然のことなんだな、と納得しました。


コース終了後、最初に落ち着いたのはラマットガンというテルアビブの隣の町でした。
ラマットガンはどこにでもある住宅街で、これと言った特徴のないところなのですが、
ある日、バス停への道を歩いているとき、身体全体をまわりの空気がくすぐっている感じ、
なぜか私の存在を喜んでいるように感じたのです。
反対に自分のエネルギーが喜んでいたのかもしれません。
あまりにも不思議な体験だったので、私、この場所となにかつながりがあるのかな、
と考え始めました。この後、幾つかの場所で同じような経験をしましたが、今では
土地のエネルギーを感じている、と考えることにしています。
何も計画しないまま一人で残ると決めたにも関わらず、いつの間にか友達もでき、
仕事も見つかり、生活の基盤が出来ていました。
それから身体の感覚を大事にするようになり、身体に正直に、身体が喜んでいる
(と感じる)ことをするようにしました。
そうすることで、生活の中で「こんなはずじゃなかった。」という状況が減ってきました。


 次へ

Home