English/ 英語

About Us

チャネリング
公開チャネリング
個人セッション

チャネリング情報
クライオン
ロバート・シャピーロ
アンマ
ガイア
クツミ

トッド・オボカイティス博士
ロバート・コクソン

エネルギー・ワーク
EMFバランシングテクニック

イベント
イベント・セミナー日程
スピリチュア・ツアー
 
プロダクト
ヒーリング音楽
ソウル・ペインティング
タキオン

 [リンク]
 [お問合せ]

 [Home]
 
公開チャネリングメッセージ
2008年3月8日公開チャネリング

受胎時の自分を癒す方法

今私たちが持っている性質、人間の性格というのはほとんどが
お母さんのお腹の中にいたところから始まっています。
もちろん、前世の影響も受けていますが、性格の主要な部分というのはお母さんのお腹の中にいた、
受胎を受けた時から始まっています。
お腹の中にいる時にお母さんのお腹の外で起こっていたことがあなた自身に影響を与えているのです。
ですから、今日はお腹の中にいるときに受けた状態、またそれ以降に受けた状態を癒すということから始め、
それが済んだらもっと前世に取り組むことにしましょう。

今あなたが何歳であれ、必ずお腹の中にいた時に母親の周りの環境から受けた影響は
必ずあなたの中に残っています。直接お母さんから受けたものだけではなくてもです。

たとえば、第二次世界大戦中にお腹の中にいた人もいるかもしれません。
もちろん戦争だったので、爆弾が常に落とされる状態というのは、仕方がないことだったのでしょうけれども、
お母さんが爆弾の音を聴いて怖いと思ったその恐怖心は、必ずお腹の中にいたあなたにも伝わっています。
もちろん戦争の中で、たとえば、まったく食糧のない危機的な状況の中で、お母さんがそれを危惧していたら、
当然お腹の中にいるあなたもその不安を受け取ったことになります。

子宮の中にいる赤ちゃんというのは、お母さんと当然一つのエネルギーを形成していますから、
お母さんが作り出した感情やお母さんが受けた経験の影響はあなたに直接伝わっていることになります。

また特にお母さんが初産のとき、子どもを産むというのはすごく痛いんだよ、と聞いていて、きっと痛いんだろう、
そういうふうに聞いたし・・・と思っていると、当然、その恐怖心というのも赤ちゃんの中に入り、その赤ちゃんは、
生きることに対する恐怖心を持って生まれてくることになります。

もしくはそのお母さんが妊娠したくないのに、妊娠してしまったという場合は、自分は愛される価値がないんだと
思っている子どもを産むことになります。

10ヶ月もきちんとこの状態を保てるかしらと不安に思ったお母さんがいたとしたら、
そのお腹の中にいた赤ちゃんは、長く生きていたくないと思う子どもになってしまいます。
その他にもたとえば妊娠中に哀しい出来事あったら、家族で誰かが亡くなったとか、犬が亡くなったとしたら、
そのエネルギーを赤ちゃんがピックアップすることになります。

自分のことについて考えてみてください。
10ヶ月間という長い期間にいろんな感情を経験するはずです。

今までの10ヶ月、楽しい時期もあれば、ストレスの多い時期もあったはずです。
これからの10ヶ月もそうです。心配をする時期もあるはずです。

10ヶ月という長い期間の間ではいろんな感情を経験します。
それだけの期間赤ちゃんは影響を受け続けるわけですから、どれだけの影響を溜め込んでいるかは
想像もつかないぐらいです。でも、それをかなりシンプルに癒すことができます。<BR>
もう今私は50歳。生まれたときなんて50年も前のことだから、そんなことを今さら癒せるはずがないと
思う人もいるかもしれません。でも実際には時間も空間も存在しません。
科学者でも、時間も空間もないと言っています。

でもそんな科学的なことを言われても、自分の概念では把握できないというかもしれません。<BR>
たとえばですが、あなたが自分の人生の中ですごく楽しいと思ったときのことを思い出してみてください。

思い出せますか?すごく自分が楽しいと思った出来事を思い出してみてください。
そのことをずっと考え続けてください。
それに留まることはできますか?
あなたは今、タイムトラベル、タイムトリップのようにそのことを思い出して、今のあなた自身が
ハッピーになったのです。つまりそれは時間と空間を越えてそのときとつながったということです。

もしかしたら、10年前の出来事かもしれないその楽しかったときに、あなたは、今タイムトリップしたわけです。
なにを言いたいかというと、あなたが意識を動かした場所、あなたが認識した場所に
移動することが出来るということです。

実際に楽しかった出来事を思い出して、そこに移ったときに何が起きるのでしょうか?
まず、楽しかったことを思い出すわけですから、喜びを感じるわけです。
喜びを感じるとあなたの体には何が起きると思いますか?
リラックスする、実際には脳がリラックスした状態を感知することになります。
実際に過去を思い出していい気分になったとしても、脳においてセラトニンという
喜びを感じたときにできる化学物質が合成されることになります。
その脳の変化、動きによって内分泌系もその影響を受けることになります。

ストレスとか、恐怖心のような感情は脳を物理的に縮める効果があります。
反対に呼吸法や瞑想法を使って、物理的、現実的に脳を拡大することも可能です。
今言ったように時空を越えて、喜びを思い出して、実際、現実的に喜んだときの化学物質を合成して、
内分泌系にも影響を与えられるとしたら、同様に傷ついた時、受胎した、お腹の中にいた時に
受けた否定的な影響にもつながることができるはずです。

実際にどうすればお腹の中で受けた影響を変えるかと言うとただ単にその傷ついた出来事なり、
傷ついた状態の自分自身を愛で包めばいいだけです。

ではそのエクササイズをしてみましょう。
男の人にとっては、変なエクササイズに思うかもしれません。
でも、いつも思っている概念を越えた新しいことにトライするという気持ちになってください。
今、ここには男の人もいますが、自分自身が妊娠している状態であるということを想像してみてください。

今自分が妊娠している状態・・・男の人だと想像しにくいかもしれませんが今、自分のお腹が大きくて、
自分のお腹の中に子どもがいるという状態を想像してみてください。<BR>
自分のお腹の中に最初の生命を灯す光が存在するということをイメージします。

顕微鏡でしか見えないような小さな光です。
それがだんだん大きくなっていくわけですが、その顕微鏡でしか見えないような小さい光でも、
どのようにして作られたのでしょうか。

あなたの両親が愛し合って情熱を持ってその光を作ったのでしょうか?
それともワンナイトの出来事だったのでしょうか。
その他のいろんな出来事によって作られた光があります。

ここには女の人も多くいますが、実際妊娠した女の人はどういったことをよくやるのでしょうか。
気付かない人もいるでしょうが、妊娠した女性はお腹をよくなでます。見たことありますね。
そうして、意識をしていなくても、お腹の中にいる自分の子どもに対して愛なり光を送っている行動です。

では同じように、自分のお腹に手を当ててイメージの中でこの生命体に光を送ってみてください。
あなたのお腹の中にいる小さな生命体というのはあなた自身です。
ですからその自分のお腹の中に受胎時の自分がいると思って、光を両手で送ってみてください。

そしてこの言葉を言います。
“私が受胎されたときに、必要だったけれども、受け取ることのできなかった愛を今すべて受け取ります。”

精神的にロジカルにプロセスを起そうとしているのではなくて、感情として愛を受けるということを
経験するのです。ですから考えるのではなくて、感じてみてください。

先ほど言ったように、あなたが認識するところに、あなたの意識が実際に移動することになります。
その小さな小さな生命の光、あなたのお腹の中にある小さな自分自身である生命の光に、光を送ってください。
先ほど言ったように自分が受胎のときに必要だったすべての愛を受け取るということもそうですし、
そして自分の母親が、私がお腹の中にいたときに持っていた恐怖心、私が受け継いでしまった恐怖心を
解決しますと伝えてもいいでしょう。

これは毎日2分間ぐらいで終らせられる瞑想です。
でももしこの2分間の瞑想を、実際に自分が妊娠したと思って、受胎したとき、実際に生まれて出てくるまでの
10ヶ月間毎日続けることができればあなたの人生はまったく違うものになるはずです。
そしてあなたは今まで以上に自分自身のことを愛することができるはずです。

人生の中で最も愛するべき人は誰だと思いますか?
家族、自分の子どもというかもしれません。神という人もいるでしょう。
でも、人生の中で最も、そして一番に愛するべき人というのは自分自身です。
自分自身を一番に愛したときに人生の中で何が起きるでしょうか。
他の人を愛せるようになります。
この瞑想法を進めて行くと自分自身を愛することになります。
自分自身を本当に愛せた時に、受胎時以降自分が受けてきた母親の感情であったり、
恐怖心であったりというものはその愛の中で崩れていくことになります。

過去に起きた楽しかった出来事を思い出すと、実際に化学物質が脳の中に生み出されると説明しました。
この瞑想を行うと細胞の中に刻印された、いわゆるインプリントが崩れていくことになります。
そしてもっと重要なのはDNAを変えるということなのかもしれません。
この場合のDNAは物理的なことをさすのではなく、自分の内にある神聖な神のことです。

私たちのDNAというのは、恐怖によって影響を受けるものです。
恐怖心によって、そのDNAに壁を作ってしまっている場合は、愛でしかその壁を打ち破ることはできません。
地球上にいたマスターと呼ばれる悟りを得た存在というのはみんなが同じことを言っています。
それは人が求めている神との結合それは愛によってのみ可能だということです。

自分の細胞なり、DNAの奥深くにある愛を開くことによってのみ、神との結合が可能なのです。
ですから、今から1 0ヶ月間、このエクササイズを続けると素晴らしいことが起きてくるはずです。
何が起きるかというと、すべての人に恋をすることになります。
そしてあなたが歩けば、地面でさえも、あなたの変化したエネルギーを感知することになります。
そして多くの人があなたに惹きつけられることになります。









Home