English/ 英語

About Us

チャネリング
公開チャネリング
個人セッション

チャネリング情報
クライオン
ロバート・シャピーロ
アンマ
ガイア
クツミ

トッド・オボカイティス博士
ロバート・コクソン

エネルギー・ワーク
EMFバランシングテクニック

イベント
イベント・セミナー日程
スピリチュア・ツアー
 
プロダクト
ヒーリング音楽
ソウル・ペインティング
タキオン

 [リンク]
 [お問合せ]

 [Home]
 
公開チャネリングメッセージ
2008年3月8日公開チャネリング


全ての体をコントロールする為の瞑想(クツミ)

目を閉じてください。そして息をします。
6を数えながら息を吸います。6で息を吸って4で息を止めます。
そして、また6カウントで息を吐き出します。
もう一回6数えながら息を吸って、そして4カウント息を止めます。
そして6カウントで息を吐き出します。もう一回やります。
6カウントで息を吸って、4カウント止めて、6カウントで吐き出します。
できるだけリラックスした状態になってください。

自分のハートチャクラにある魂の光がどんどん大きくなっていくのを想像する、もしくは感じてください。
それが自分の魂の光がどんどん強くなってそしてどんどん大きくなっていきます。
あなたのオーラのフィールドの中にも入っていきます。
あなたが呼吸するたびにその光というのが大きくなっていきます。
そして創造主なり、贖いの光を呼びます。
創造主の光が上から降りてきて、クラウンチャクラからあなたの体に入っていきます。

とても純粋できれいな白い光です。クラウンから入ってきます。それが胸腺へと降りてきます。
胸腺とは平らな少し右側にある喉とハートセンターの間にある部分です。
この胸腺に毎日光を送るということも大切なことです。
この部分が魂を活性化する部分です。
胸腺に光を送ることによって魂を再度活性化することになります。
胸腺と魂はつながっています。

そのクラウンチャクラから胸腺に降りてきた光がさらにハートセンターまで、心臓の部分まで降りてきます。
この状態をできるだけ長く保ってください。
膝の上に両手を上に向けて置いてください。
この神の光がクラウンチャクラから胸腺に降りてきて、胸腺から心臓、そして手先まで降りてきます。
その光を手の平の上に保ってください。
この創造主の光がどんどん手に溜まっていくのを想像します。
手がくすぐったく感じる人もいればそうではない人もいます。
それは、あまり重要な問題ではありません。<BR>
ただその光を自分の手に保つということ、溜めていくということを意図してください。
できるだけ鮮明に自分の両手に二つの光の玉ができて、それがどんどん大きくなっていくのを想像します。
そしてそれが大きくなったら、両手を上に向けてその光の玉を一つにします。
そしてその光の玉をハートチャクラに戻します。<BR>
あなたはその光を自分自身に戻すということをします。
これをきちんとした形で行なうとハートセンターが痛くなる人もいますし、涙を流す人もいます。
反応がない人もいますが、それも重要ではありません。
自分の光を自分に戻すというエクササイズです。
この状態もできるだけ長く保ってください。
<BR>
そして次のステップに進みます。人間にはいくつもの体があります。
今日は簡単にこの内の5つか6つのボディの話をしましょう。
あなた自身をターゲットにして、でもその周りにはいろんな体があります。

肉体だけを認識しがちですが、肉体の周りにはエーテル体があります。
まず、神の光、もしくは魂の光を自分のエーテル体に送ってください。
自分のエーテル体が、自分の魂と神の光によって満たされるのを想像してください。
エーテル体を浄化していきます。
そして高次元のものでない不要なエネルギーを浄化していきます。
この神聖な光によってエーテル体がどんどん拡大していきます。
<BR>
次のアストラル体に同じように魂と神の光を送ります。
多くの人が肉体を離れても、つまり亡くなってもこのアストラル体として残ってしまうことが多くあります。
この光を自分のアストラル体に送ってください。
このアストラル体をきれいにしながら、浄化しながら、このアストラル体にも光によって、
そこに溜まっている恐怖心や幻想、そしてとにかく愛でないもの、それを排除すると思ってください。
光を保ちながら、放ちながら浄化する状態を必要なだけ行なってください。

次はメンタル体、とても重要な部分です。
あなたのメンタル体が浄化されるのを想像します。キレイになっていくのを想像してください。<BR>
何をきれいにしていくのかというと、純粋でない考え、批判的な考え、そして自分を卑下するような考え、
そして人生は限られた、制限されたものであるという考え。
光や愛とは伴わない考えを排除していく、きれいにしていくということをしてください。

またマインドの中に根付いてしまっている悪い習慣、自分がなくしたい習慣を
今、魂と神の光によってそういったものを外に出していくということをしてください。<BR>
マインドがしっかりそれを保ってしまって自分がよくないから直したいと思っても直せない習慣がたくさんあります。
それを今ここで、光によって排除していきます。
そして、自分のマインドがもっと純粋に明確になったのを確認してください。
マインドが神と魂の光によって満たされるのを感じます。

次は感情体です。これも光によってきれいに浄化されるのを想像します。
そして自分に役に立たない感情を光が浄化するのを想像します。
この感情体にある不要なエネルギーを浄化します。
人を愛することへの恐怖心、人生に対する恐怖心、人生を送ること自体への
恐怖心、罪悪感がそういったものが感情体にはよく入っています。
自分自身に役に立たない感情を今ここできれいにするということをしてください。
自分を囚われの身にしてしまっている感情、他の人を許せないという感情。
憎しみの感情だったり、怒りの感情だったり、そういったものをきれいにしてください。
あともうひとつ重要なことは、人をコントロールする、操作する、操る感情を浄化してください。
自分の感情がきれいになり、子どものような無邪気さに戻ることになります。
できるだけ長い間この状態を保ってください。
<BR>
次は、スピリット体です。それを浄化していきます。
ここでも、何かのものに対する執着心とか、そのスピリチュアルに進化するための
障害となっているエネルギーをきれいにしていきます。

次はライトディです。ライトボディを強化するために、神と魂の光、エネルギーをライトボディに送っていきます。
このライトボディが強化された状態になると、この変化しつつある時代にきちんと対応できるようになります。
フォトンベルトのエネルギーがさらに強くなってくるため、それに対応するイトボディを強化しておく必要があります。

次にクリスタル体にこの光を送ります。

次に自分のDNA体にこの光を送ります。
できるだけ長い間、いたいだけこの状態を保ってください。
この空間にできるだけ長い間いるようにしてください。


先ほど言ったように、魂の光、創造主の光が自分の肉体の周りにあるエーテル体、アストラル体、
感情体、スピリット体、そしてライトボディにまで内から外へと送られるのを想像してください。

この状態を保ちながら、24センチ上にソウルスターチャクラと呼ばれるチャクラがありますが、
そのチャクラがどんどん下に降りてくるのをイメージしてください。
クラウンチャクラに入ってきます。そしてそれが第三の目のチャクラまで降りてきます。
そして入ってくるのと同時に第三の目のチャクラを完全に開くようにします。<BR>
このソウルスターチャクラの光で第三の目のチャクラの前後を完全に照らしだしているのを想像してください。

そしてもうひとつのチャクラ、首の後ろ、首の付け根のあたりに、黄金のチャクラ、ゴールデンチャクラと
呼ばれるチャクラがあります。このソウルスターチャクラの光をこのゴールデンチャクラに送ってください。

今度はそのソウルスターチャクラを胸腺に送ります。
それがどんどん下に下がってきてハートチャクラにまで行きます。
そこが爆発してその光で、その部分が満たされることになります。
今度はその光がみぞおちまで降りてきます。
その前後両方の部分が光で満たされることになります。
第二の丹田のところまで下がって、第一のベースのチャクラまで届きます。
そして、その光がどんどん降りていって、足元24センチ下にあるアーススターチャクラに下がります。
これで自分の頭の上にあるソウルスターチャクラと足元にあるアーススターチャクラが
統合したことになります。

今度はその光が上に上がってきます。
すべてのチャクラを通って上に上がっていくことになります。
それからさらに体を離れて上に上がっていくことになります。
こうして神なり贖いの光と地球の光なり、エネルギーをつなげたのです。
天と地をつなげたということです。
この状態も好きなだけ長く保ってください。
このエクササイズも毎日行なうともっと認識が深まることになります。
もっと自分の考えなり、思考をコントロールできるようになります。
自分が望んでいない考えが常に湧き上がってきて、なかなか考え方を変えることが
できない人は多くいるはずです。
また、感情もコントロールできない人も多くいます。
この瞑想法をやっていくと感情であれ、肉体であれ、もっと自分のコントロールが
利くようになってくるということです。
アセンションするためには、肉体はもちろんのこと、こういったメンタル体であったり、感情体であったり、
スピリット体であったり、そういったものすべてをコントロールできている状態でなければなりません。
この瞑想はその状態を整えるのに役に立ちます。























Home