English/ 英語

About Us

チャネリング
公開チャネリング
個人セッション

チャネリング情報
クライオン
ロバート・シャピーロ
アンマ
ガイア
クツミ

トッド・オボカイティス博士
ロバート・コクソン

エネルギー・ワーク
EMFバランシングテクニック

イベント
イベント・セミナー日程
スピリチュア・ツアー
 
プロダクト
ヒーリング音楽
ソウル・ペインティング
タキオン

 [リンク]
 [お問合せ]

 [Home]
 
公開チャネリングメッセージ

2006年 7月8日  「聖ジャーメインの瞑想」

では瞑想でチャネリングを終わります。
日常生活にも活用できることです。
それをここで皆さんに今お伝えするのにはある理由があるからです。
セント・ジャーメインからのメッセージによるものです。
セント・ジャーメインはアセンデットマスターです。
地球の惑星の癒しの鍵を握る存在です。

DNAには12の層があるわけですが、それぞれ神聖な名前を持っています。
ひとつだけ名前がないものがあるのですが、そのひとつがセント・ジャーメインです。
それが、変革の炎と言われています。その瞑想をしましょう。

これは変革を起こすための瞑想です。
毎日、毎晩5分ほどこれをすると、その日に受けてしまったネガティブなエネルギーを変化させる、
つまり自分にとっていいものに変化させることができる瞑想です。

聖ジャーメインという存在は人間として何回か生まれ変わってきいます。
イエスキリストの父親のヨゼフとしても生まれ、聖フランシスコ。
その他、フランシス・ベーコンという哲学者でもありました。
シェークスピアというのは実在しなかった存在で、シェークスピアの作品は
フランシス・ベーコンという人物が書いたものです。
ペンネームのようなものですね。
あとコロンブスでもあり、その他にもいろいろな人間として生まれてきました。
今はこの変革の時期にある地球のために光りを保っている存在です。

バイオレットフレーム瞑想・・紫の炎といわれている瞑想方法です。
今、解決したい問題や重荷があればその紫の炎で、
別のエネルギーに変えるという瞑想方法です。

たとえば、上司と問題があるとか、友達と問題があるようなときに
この紫の炎をその人に送ることができます。
先ほどと同じように、送ったことに対する結果などのアジェンダをつけないで送ります。

送る時に、彼女が私にどんないやなことをしたかを理解して、謝りに来ますように、などのような
形では送るべきではありません。
そういった方法ではうまくいきません。ただ何も考えずに光だけ送ります。

それ以外でも、何も問題がない時も職場から否定的なエネルギーを持ってくることもあります。
たとえば、この部屋に来る前にコーヒーショップに行ってコーヒーを買った人もいます。
でも、すでにコーヒーを買った時点で、レジにいた人とあなたとの間にエネルギーが
作り出されてしまっています。
あなたがどんな行動をしてもそこにエネルギーが生まれています。
そういったエネルギーを家に持って帰りたいでしょうか?

ですから自分がした行動や言動を含め、もしくは自分の表面的なことだけではなくて、
自分の感情体やエーテル体、オーラ体で経験したことすべてを、その紫の炎に通します。

この紫の炎の瞑想を毎日すると3ヶ月で自分の中の否定的なものというのが軽くなるはずです。
まず、何かのヒーリングは感情に対して行うことから始まります。
病気というのはすべて感情から始まるからです。

10分ほどなので、では瞑想してみましょう。

もし自分に合うと思えば、家でもやってみてください。
決まったルールというのはありません。自分に合った方法でやってみてください。
一番重要なのは純粋なインテント=意図です。

リラックスして両足を地面につけます。3回深呼吸をします。
息を吸う時に背骨の付け根から息を吸ってください。次第に深く深く息をします。
紫の寺院に行くインテントをします。そのお寺というのは5次元にあります。
あなたの意識が体からクルクル廻りながらクラウンチャクラから出て行きます。
そして5次元へと向かって行きます。
そこに届いたら、今まで何百万年もの間培ってきてしまった否定的なエネルギーを
変化させる意図をします。

自分が拡大しているという感覚を得るという人もいますし、そうでない人もいます。
それは大きな問題ではありません。
純粋な意図さえあれば、インテントさえすればそこに到達します。

その部屋にたくさんの椅子があることを想像します。
そしてこの部屋の壁や天井からたくさんの紫の炎が入ってきます。
紫の泉があります。そしてそこから紫の光がそこから吹き出ています。

あなたは椅子に座っていて、椅子の下から紫の炎が噴出してきます。
その椅子の下から吹き出る紫の光を自分の第一のチャクラから頭の上まで吸い込みます。
自分がこの世界に戻るときにその紫の光も持ってきます。
そして自分自身に有効に働かないエネルギーを紫の炎で変化させる意図を与えます。
特に、心の中で許せないと思っている人たちのことを考えている人は、
その人の存在をこの紫の光りで包みます。

そして自分自身で治すことの出来ない病気や傷みをもっている人はその椅子の下からくる
紫の炎でそれを変化させます。
必要なだけその部分に紫の光りを送ってください。

この紫の炎の寺院にはいつでも行くことができます。
ここにセント・ジャーメインが住んでいます。
そして観音さまもここに住んでいます。
たとえば職場で問題が起きたときも、一人座れる場所を見つけてこの瞑想して、
この寺院に繋がってみてください。
この瞑想方法非常に簡単なように聴こえますが、非常にパワフルなものです。
自分自身でこの紫の寺院に繋がる方法をやってみてください。

まず、この寺院にいるときに、今までの人生もしくは過去世で自分を傷つけた(と思っている)人を
許してあげるべきです。
まず、あなたが一番傷つけられたと思っている人を自分の愛とこの紫の光で包みます。
そして自分を傷つけた(と思う)人を完全に、完全に、完全に許します。
そして自分自身の他人に対する怒りや罪悪感というのもこの紫の光で包んでしまいます。

というのは、神というのは、神が許さないというものは何一つ存在しないからです。
誰かを殺した人にでも、殺人者でも神は許すものです。
というのは、神というのは純粋な愛だからです。

周りのもの全ては、あなたを傷つけることはできません。
あなたは完全に、完全に、完全に許してあげます。
その許しが完全に終了したと思ったら、クラウンチャクラ、頭の上から自分自身に意識を戻します。

もしこの方法が気に入ったのであれば、毎日続けてみるとよいでしょう。
もちろん義務感でこれを続ける必要はありません。
どんな瞑想方法であれ、自分に合ったものを選んでやってみるべきです。
でも多くの人がこの瞑想方法を気に入って、たくさんの人を助けています。


あなた方に祝福を・・・
もう一度皆さん自身の中にある神聖な部分を見つけるように。
玉葱の皮を一枚一枚剥いてその中のダイヤモンド見つけるようなこと、
そういうワークをはじめることを薦めます。
あなた方が信じても信じなくてもダイヤモンドというのはあなたの中にあります。
そしてこの世を離れる時、その光りと一つになります。
死ぬ時までその光りと繋がる時を先延ばししたいですか?
それとも今この時点で繋がろうと思いますか?
それはあなた方の自由意志で決めることができます
あなた方に祝福を。
みなさんにお会いできたことを嬉しく思います。
あなたがたに祝福を・・・



Home