English/ 英語

About Us

チャネリング
公開チャネリング
個人セッション

チャネリング情報
クライオン
ロバート・シャピーロ
アンマ
ガイア
クツミ

トッド・オボカイティス博士
ロバート・コクソン

エネルギー・ワーク
EMFバランシングテクニック

イベント
イベント・セミナー日程
スピリチュア・ツアー
 
プロダクト
ヒーリング音楽
ソウル・ペインティング
タキオン

 [リンク]
 [お問合せ]

 [Home]
 
レイ・チャンドラン公開チャネリング
2013年12月8日公開チャネリング ヴォイドのエネルギーを使う


皆さんに愛と祝福を、私は大天使メタトロンです。
地球は今、歴史的にも重要な時期に有り、これからの数年間が
今後の長い期間の基盤を作る時期になります。

2013年は多くの人にとって困難な年になりましたが、
2014年はもっと落ち着いた、スムーズな年になります。

2013年から14年の、エネルギーの落ち着いた時期に移行するには
今のうちに出来るだけのことをクリアリングし、癒し、変化させておく
必要があります。

今はもう、自分だけ関わらずにいる、傍観者でいることはできません。

2014年は、人を癒すことを含む、様々な仕事が拡大する時です。

リーダーシップを目指している人は、2014年に行動を取ると
それが実現することになります。

ヒーラー、チャネラー、作家を目指している人、何かの目標を持っている人は
2014年に行動を取るとサポートを得ることができます。

2014年の最も大きなギフトは人間関係のバランスをとることです。

ですから、今の時期に、自分の人生を見直しておくといいでしょう。

許せていない人、関係を修復しなければいけない人がいたら
今の時期に癒し、改善してください。

人は過去の影響を受けるもので、過去世など、過去に起きたことが
現在に影響を与えています。

癒さなければいけない関係があれば、その本人と対面で話せないにしても
その人のハイヤーセルフをコミュニケーションをとって
自分の、その人に対するエネルギーは完了させておくべきです。

相手が亡くなっている場合は、その人を象徴する祭壇を立て、
または自分の前に椅子をおいて、相手が座っているイメージを持って
対話をしてみてください。

人は亡くなっても、意識やエネルギーは残るので
その意識に働きかけて、自分のエネルギーを完了させるのです。

完了していないものをそのまま残さないでください。

日常生活の中でも、周囲の人から受け取った不要なエネルギーを
そのままにせず、一日の終わりには完了するように努めてください。

他人から受け取った、不満などの不要なエネルギーを
その日のうちに解放することで、魂がより軽くなっていきます。

このようにしてマインドをクリアにしておくと、
今、地球に届いている高いエネルギーを受け取ることができます。

今現在、様々な高次のエネルギーが地球に送られていますが
その中でも、創造主のギフトとしてボイドというエネルギーがあります。

ボイドとは「空」、「ゼロ」という意味で、無の状態のことを言います。
このボイドを闇と捉える人もいますが、この無の状態から
全てが生み出されたわけです。

このボイドのエネルギーは最も純粋な創造のエネルギーで
粘土のように物事を形作る、物事を実現させる可能性を持っています。

このエネルギーと瞑想でつながって、自分の実現したいことを
イメージしながらボイドのエネルギーを粘土のように使って
形成させ、それを宇宙に送ります。

自分と、その創造に影響を受けるすべての人に最善であれば
ボイドのエネルギーによって権限することになります。


次は人間のコードについてです。

今まで1111を繰り返し見た人がいるはずです。
11時11分、など生活の中で繰り返し見るということは
スピリチュアルに目覚めているという宇宙からのサインでした。

人の体の中には精神性を高めるためのコードが組み込まれていて
それらが数字に対応して、サインを見ることになるのです。

1111は目覚め、というメッセージです。

次に1212、または12を見ることになります。
1212とは、自分の中の神を認識し始めたときに見るサインです。

自分の中に神がいると認識した時、DNAの12の層が
活性化される準備が出来て、12という数字を見ることになります。

人の体の中にはこのように幾つもの数値が組み込まれていますが
今、覚醒をサポートするために活性化する必要があるのが
22のコードです。

22のコードはアバター意識と対応するマスターナンバーです。
アバターとは聖者のことで、サイババもアバターと呼ばれる存在です。

22のコードは誰もが持つもので、瞑想によって活性化できます。

次に活性化するのが33のコード、これが神の意識と対応する
マスターナンバーです。
アセンション、悟りの域に入るために開く必要のある
33のチャクラと対応しています。

アセンションにも幾つもの段階がありますが
地球上で、肉体を持って行うアセンションには
この33のチャクラの活性化が求められます。

これらのチャクラを活性化することによって
私たちの今の次元である3次元〜4次元から
7次元までの移行ができるようになります。

体内のコード音や色に周波数によって活性化できます。

今から伝える4つの音を心から意識的に唱えることで
体内の様々な神聖幾何学パターンを活性化することができます。
共鳴する音を繰り返すといいでしょう。


1番目の音はメルカル(Merker)です。
第3の目のチャクラにフォーカスしながらこの音を出すことで
直感力を高めたり、テレパシーの能力を高めることができます。
アストラルトラベルなどが意識的に出来るようになります。

2番目の音はデルタ・オプチ(Delta-Opti)という音。
これはヒーリング能力を高めたり、予言する能力を高めたり、また
宇宙についての認識を深めるのに役立ちます。




3番目の音はワイクリヤ(Vykrya)
マスターDNAを活性化する音です。
私たちのDNAはプレアデスのセブン・シスターズから
受け継いだものです。

プレアデスと地球とのつながりは様々な文化で
引き継がれていて、アボリジニーやハワイ、アフリカでも
伝統としてその話が残っています。

自分を高い段階へと進めるには、このマスターDNAとつながる
必要があります。それは認識を深めることで、この音が役立ちます。


4番目はトゥリロックという音。
統一された力のフィールドと一つになる、という意味。

もう一つ、サハナーという音はワンネスを象徴する言葉です。
宇宙の全てとつながる、という意味です。

共鳴出来る音があったら、毎日繰り返してみてください。

2014年は自分のより高いDNA、また体内の22のコード、33のコードを
活性化することを意図してください。


他にも、波動を上げるために出来ることを幾つか伝えましょう。

アカシックレコードについて聞いたことがあるでしょう。
自分の魂の経験が記録されている場です。

人だけでなく、ガイア(地球)にもアカシックレコードがあります。
ですから、地球に起きたことは全て地球のアカシックレコードに
記録されています。

地球上では大きな悲劇も起きていますが、同様に素晴らしい、
神とつながる、創造主のエネルギーを下ろすような出来事も
起きていて、それを奇跡と呼んでいます。

出エジプトに描かれている、紅海が二つに割れて
モーセとその民が海を渡ったという出来事は神話でなく
歴史的な事実です。

あの周辺でたくさんの戦車も見つかっています。

あの出来事も、地球のアカシに記録されています。
瞑想で、地球のアカシにつながり、
そのような奇跡の出来事のエネルギーを自分につなげることができます。

実際には時間というものは存在せず、私たちが時間枠を行き来しているので
過去にも未来にも、意識を向ければ行くことができます。

ですから、既に起きた出来事も、ひとつの時間枠の中には
今も存在するので、その時間枠に移動することを意図するのです。

地球上では様々な奇跡が起きています。
エネルギーを受け取るために、恩恵のある出来事、場面と
地球のアカシックレコードを通じてつながるといいでしょう。
これによって瞬時に波動を上げることができます。



また、既にアセンションをした人、光の存在の力を借りて
波動を高めることもできます。

ハエは部屋の中では自由に飛び回りますが、何キロも
飛ぶことは出来ないでしょう。
でも、馬のしっぽに留まれば、馬が何十キロも走って
それだけ移動することが出来ます。

どうように、人も高次元の存在に「おんぶ」してもらうことが
出来るのです。自分からそれを求めてください。

何かの問題をそれらの存在が解決してくれるわけではありませんが
あなたを導き、解決法を見つけやすくしてくれます。

瞑想をして、意識的につながりを求めるといいでしょう。


では、DNAについてです。
DNAとはケーキミックスやスープのようなもので、
層と層が混ざり合い、ひとつの層のみを特別に活性化するというよりは
瞑想等と通じてDNAを活性化することを意図すると
その意図がDNAに通じ、DNAが今の時点で最善の層を
活性化することになります。

ただ、ひとつのDNAに働きかけると、当然、すべての
層にその影響を与えることになります。

活性化の意図としては、DNA全体を活性化する、とするといいでしょう。

音や色、シンボル、活用できる全てのものを使って活性化するといいでしょう。


最後に、中毒について考えてください。

人は何かしらについて中毒症状があるものです。

自分は何に対しての中毒なのか、考えてみてください。

繰り返してしまう思考、人間関係(同じような人と付き合ってしまう)、
テレビ番組(必要ないのみ見てしまう)、神社に頼る、などです。

今は内観をして、何に対して中毒なのか、執着しているのかを
確認してください。
中毒となるべき、執着すべきとしたら、自分の中に神であるべきです。

今年、自分をサポートを受けたものと、そうでないものを分けて
2014年にはサポートを受けるものだけを引き継ぐようにしてください。

例えばスピリチュアルな分野に関しても、ウェブサイトには
様々なものがありますが、いつも受け取っているニュースレターが、
いつも見ているサイトが自分に、本当に恩恵を与えているのかどうかを
考えてください。

なぜ、それを見ているのか、それは貧困意識や恐怖をもとにしていのか、
それとも純粋に満足できるものなのか。
可もなく、不可もなく、なんとなく、という行動、経験であれば
それをやめるべきです。

素晴らしいものだけを継続してください。

テレビ番組もそうです。
食べ物も、付き合う人に関してもよく考え
出来るだけ自分に恩恵を与えているものを明確にしておいてください。

そうすることで自分の最も大きな夢、可能性とつながることができます。

夢を叶えるには、まず夢を持つ必要があります。

夢は、まずその考えを頭の中で持つことです。

2014年末までにあなたがしたいことを明確にしておいてください。
まず、頭の中で始めます。
難しいことではありません。

そのための時間をとること、そしてそれする意識することです。
1日、一時間でも行っておくこと、今、私たちはこれからの
人生の基盤を整えています。

また、自分をサポートしている天使とつながってください。
天使は創造主の純粋な波動を保ちながら、人をサポートする存在です。
天使の波動は虹色の波動として取り入れるといいでしょう。
虹の色を自分の周りにおろして自分を浸すイメージを持ちます。
虹は7色ではなく、32色が組み合わさった色です。
32の周波数を持つ、ということです。

大天使メタトロン


こんにちは。
私はダビデの系統、アブラハムです。

今、あなたがたは重要な時にあり、もう一度
銀河系の住民となる可能性を得ています。

イスラエルには大きなポータルがあります。
イスラエルで戦いが繰り返されるのは、イスラエルの
ポータルのエネルギーを、潜在的に取り合おうとしているからです。

イスラエルの中でも、岩のドーム(モリヤの丘)の岩は
創造主のエネルギーが下ろされるという意味でとても
パワフルな場所です。ここから世界のエネルギーが拡大していきます。

何かを現実化したいのであれば、この岩に意識を向けて
その思考、意図を設定するといいでしょう。

この岩はエネルギーの増幅器のようなもので、また
創造主のエネルギーが下ろされる場所なので、
すでに凝縮した創造エネルギーがあるのです。

岩のドームの写真やイメージを使ってつながってみるといいでしょう。
現実化したいイメージをその中に入れます。

創造主のエネルギーは分別なく降り注ぎます。
光、闇にも平等に下ろされるため、闇の勢力も創造主のエネルギーを
活用しています。

瞑想して創造主とつながる時には、頭の上にファネル、じょうごをイメージして
降りてくるエネルギーが分散することなく自分に集約されることを意図してください。
3〜5日ほど続けると、高次のエネルギーがほかに分散することなく
降りてきて、違いを感じます。

岩のドームには癒しを含む、現実化の意図を送るといいでしょう。

スピリチュアルな実践でも、例えば、いつも行っている瞑想法なども
見直す時期が来ています。

例えば何千年も前に伝えたれた、当時の意識に対して
働きかける方法を今、行っても、当時ほどの影響力は
持たないこともある、ということです。

今、地球には様々な新しい情報やエネルギーがもたらされています。
今の自分に合ったものを取り入れてください。
そして、意識を創造主の一つ一つの側面であるそれぞれの神(やマスター)などに
置くよりも、創造の源である統一の力にフォーカスすることを始めてください。

創造の源に意識を向けることが悟りへの一番の道です。



アブラハム
 byレイ・チャンドラン







公開チャネリングに戻る

Home