English/ 英語

About Us

チャネリング
公開チャネリング
個人セッション

チャネリング情報
クライオン
ロバート・シャピーロ
アンマ
ガイア
クツミ

トッド・オボカイティス博士
ロバート・コクソン

エネルギー・ワーク
EMFバランシングテクニック

イベント
イベント・セミナー日程
スピリチュア・ツアー
 
プロダクト
ヒーリング音楽
ソウル・ペインティング
タキオン

 [リンク]
 [お問合せ]

 [Home]
 
公開チャネリングメッセージ
2009年2月14日 魂とのつながりを作る

クツミのチャネリング

みなさんこんにちは、私はクツミです。私がなぜ今日来たのかわかりますか?
2つの理由があります。
1つはチャネラーのレイがそう望んだからです。
今日、レイからここに集まった人たちに最も必要なメッセージを伝えてほしいというリクエストがありました。
今日は先ほども言いましたように特別なエネルギーが降りる日です。
ですから今日は、デジャルクールと呼ばれる別のマスターを呼んでそのメッセージも受けたいと思います。
今日はシンプルだけれども深いメッセージをお伝えしようと思います。

アセンションについてはみなさん何度も聞いたことがあると思います。
なぜ、この魂がこの地球上にうまれたのでしょうか?その目的とは何でしょうか。
なぜこの地球上で終わりのない輪廻転生を経験しなければいけないのでしょうか?
それらの目的なり理由があるのでしょうか?
考えたことがありますか?

あなたがたは地球の波動を上げるために置かれています。
創造主そのものがそのように決めたからです。
この創造主とはさまざまな宇宙を創造しています。
そして宇宙によってはとても進化していて恩恵のある宇宙もあります。
しかし成長のない宇宙です。なぜ成長しないかというと不快さがないからです。
不快さがあるところのみ成長があります。
あなたの人生において考えてみても、生活が完全にスムーズであれば、
何かを変えるという動機は全く起こらないはずです。

不完全こそが私たちを変化させるきっかけとなるわけです。
それでも、この地球上には何故ここまで不快さが溢れているのだろうかというかもしれません。
その不快さは神がではなく人間が作ったものです。
あなたがた人間が作り出したので、あなたがたがそれを変えるしかありません。
自分が作り出したことの結果は自分自身で学びとるしかありません。

完全に進化した宇宙も存在します。
その中で試験的な地球という学校を作り出し、完全に進化した宇宙なり惑星の
マスターの中で、あえてこの学校に来たい存在、ボランティアを募りました。
それが地球上の人類です。

マスターとしての役割とはまず自分が持っているものをすべて忘れてこの地球に来ること、
そして自分たちで不快さを作り出し、その中でそれを解決する方法を見つけること。
その解決をするという作業によって自分たちを成長させ、そして卒業する。
卒業したときには、学び得たものを他の惑星に持っていき、その場所の止まっている
成長を促すということです。

自分の本当の名前を知っていますか?
私たち人間は探求の民と呼ばれています。
あなたがたはこの地球で何かを学び取り、そして他の宇宙でこの地球で得た知識を活用して
他の宇宙の成長を促すということを決めています。
他の宇宙に刺激を与えるにはどのようにすればよいのでしょうか?
まず疑いの種を植え付けること、そして希望、そして達成感。

あなたがたの目に映らないものはたくさんあります。
だからこそ、地球上の人間というのは、常に自分が知っている以上のことを知ろうと努力するのです。
地球上で行われた探求というのはすべて人間の本質を象徴しています。
人は必ず、自分が知っていること以上のことを求めるからです。
その壁を乗り越えたところに何があるか、その向こうの何かを克服しようとしてきました。
40億年以上続いたこの状態というのは、今終わりに近づいています。

人は人生で何をしなければいけないのかと訊きます。
というのは、私たちはもうこの地球上の実験の時期が終わりに来ているからです。

創造主が人間に作り出させようとした不快さは創造主が考えていた以上に
大きくなってしまっています。

思い出すというプロセスとはどんなものなのでしょうか?
人間とは肉体ではなく魂であるということ、そして肉体というのはただ魂を乗り物として与えられたものです。
自分が肉体だと思っていますか?
それとも肉体以上の魂だと思っていますか?
もちろん、魂だけではなく、体も必要です。
両方とも大切ですが、この一定の期間が終わると体はまた元に戻して魂のみになります。

現在、恩恵(グレース)と呼ばれる神の恩恵が人類に与えられています。
この神の恩恵というのは、輪廻転生の中で自分たちが作り出してきたいわゆるカルマを
一つ一つこなすことなく自分が開かれるツールを与えられることをいいます。
今地球は、このグレースといういわゆる神の恩恵、そして加速された時間によって、
とてもスピリチュアルな覚醒が、とても早まる時期に来ています。
このグレースに関して少し説明しましょう。
どの宇宙であっても何かの存在が何かの行動を起こすということは、必ずそれに対する結果も
その人が受けるということを意味します。
カルマの教え、カルマの考え方というのは、この法則を基にしていますが、一般的には
正確に伝わっていないようです。どんな行動であれ、その行動の結果というのは、この人生であれ、
次の人生であれなんらかの形で、それを行った本人が償う、相殺しなければいけません。
つまり責任を取ると言うことです。

しかし、グレースと呼ばれている、今地球上に届いている創造主の恩恵のエネルギー・・・恩赦のようなもの・・
それにより、この時期は、自分のマインドなり考え方を変えるだけで、自分が行なったことに対する
物理的な結果を伴わずにカルマを超えることができる、その責任を負うことなく自分の運命、
カルマを変えることが出来るのです。

今日話したいのは魂と肉体を統合するということです。その話に戻しましょう。
深いところでは人間は一つのことを目的としています。
肉体レベルでの生活に魂の目的を表現しながら、その生活態度で周りの人にも影響を与えるということです。
スピリチュアルな進化を加速させる一番の方法というのは、自分の性格や日常生活を過ごしている
この肉体に魂を統合させることです。

私が人間としてこの地球上にいた時、体に魂を降ろすということに専念し、
そして私は1871年にアセンションしています。

魂を統合する方法にはいくつかのステップがあります。

自分で何かを選択しなければいけない状態にあるとき、あなたは何をするでしょうか?
まずそのことについて考えます。
たとえば、今日何を食べようかという選択をしなければいけない時。
もちろんいろんな選択肢があるので、これはたとえに過ぎませんが、何かを決めなければいけない時には
まずマインドが自分の中の細胞に貯蓄されている、いわばメモリーバンクに過去の情
報を取りに行きます。
過去どうだったか、過去の経験として肉体が蓄積したものを情報として思考に送りつけます。

それはあなたの現実でしょうか、それとも経験でしょうか?

これが私たちの性格なり、生活そのものが過去に縛られているということの証拠です。
このパターンがあるために私たちは常に将来を不安に思うわけです。

今もしくは将来のためにする決断であっても、必ず思考(マインド)に頼り、
マインドが過去の情報を引き出して、そこから決断がされるわけですから、
決断とは、いつでも過去に基づいたものになってしまうのです。

何を食べるかといった些細な選択をするにも、もしあなたが魂と統合された状態にあれば、
魂は拡大された宇宙の意識、もしくは創造主とつながっている部分であるため、
過去の経験だけではなくもっと高い、より大きなすべてを包括した知恵を元に選択できることになります。
魂の意志を反映した選択をするということは、どんな些細な選択であっても魂の成長にとってよいものか、
どうであるかという基準により選択が行われます。

私たちはよく直感のような形で、高次元からのインスピレーションを受けます。
でも、どんな素晴らしいインスピレーションを受けたとしても過去の経験の記憶、
もしくは社会的な義務感から、受けたインスピレーションを実現できないこともあります。

反対に、これは魂にとってよくないとわかっているのに、過去の経験もしくは情報により、
どうしてもやってしまうという行動もあります。
みなさんどうですか?そういったことはありませんか?
魂レベルでは絶対に悪いと確信できるのにやってしまう行動がありますね。
たとえば、体にとってよくないとわかっていながら、どうしても食べてしまう食べ物がある、
その他、感情に関わることなど、さまざまなことがあるはずです。

だからこそ魂を性格に呼び込んでください。
そして自分の存在すべてに呼び込んでください。マインドに呼び込んでください。
そして魂を感情に呼び込んでください。
自分の全体性、自分の経験すべてに魂を呼び込んでください。

できると思いますか?とても難しいはずです。
すでに過去のパターンというのは細胞にプログラム化されています。
ですからプログラムそのものを変えない限り、自分がいくら思考、マインドを変えようと
思っても変えることはできません。
パソコンと同じようなもので、ソフトウェアを変えない限りその傾向、動き方は変わらないからです。
ではどのようにして魂を自分自身に統合すればよいのでしょうか?

魂を統合する瞑想

目を閉じてください。
そしてリラックスしてください。できれば両足をきちんと床につけてください。
そして深呼吸します。深く呼吸します。
自分のハートの部分にあるあなたの魂の光が輝くのを想像します。

呼吸をするとともにその心臓の部分にあるあなたの魂の光がどんどん拡大されていきます。
そしてより輝きを増してきます。
その魂の光である白い深い光が背骨の元へと降りていきます。
そして背骨の元へと降りていった白い太い光線が、今度は喉のチャクラへ行きます。
喉のチャクラがその魂の白い光によって輝いている星のように完全に大きく拡大されていきます。
なぜ喉のチャクラが重要かというと、物事を創造する幾何学パターン、人が何かを現実化させるため、
何かを創造するための幾何学パターンが喉のチャクラに組み込まれているからです。
だからこそ、あなたが話す言葉が創造の力を持っているのです。

背骨から喉のチャクラに対して魂の白い光を送る、もしくは満たすことによって
喉のチャクラに組み込まれているマスタークリエイターと呼ばれる、
創造主のマスターである幾何学的パターンを活性化することになります。

喉のチャクラを完全に魂の光で満たしたら、そこから同じように白い太い光の線が
第三の目のチャクラに行き、そしてそこでマインドを光で満たします。
この魂のエネルギーが自分のマインドに脈打っているのを感じてください。
これが最初のステップです。
魂を取り入れる、魂のエネルギーを統合させる最初のステップです。

第2のステップは魂の意志、魂の目的を自分の感情、思考に降ろします。
第3のステップとして創造主の意図、つまり神の意志を魂に反映させて、
その魂を自分の性格であったり、感情に反映させるということをします。
創造主は一つ一つの魂に対し、意志を持っています。
創造主は一人一人の人間に対してどのようになって欲しいという計画を立てています。
つまり個々の魂の目的だけではなくて、創造主が一つ一つの魂に持っている意志、計画に
自分を合わせることよって、あなたの人生は自分の魂に沿っているだけではなくて、
神の意志のもとに生活をしていくことになるのです。

まず創造主なり、神のエネルギーを魂に降ろし、魂のエネルギーを性格、思考、肉体に
降ろすことにより、神と魂と肉体という、3つの次元が調整されることになり、生活そのものが
魂と神の意志のもとに動いていくことになります。
朝も昼も夜も、このつながりを深めるための行動してください。

この神と魂、そして魂と自分自身というその2つのつながりが壊れないように、
そして永久に続くように確実なものにしてください。
日々実践していかなければ、そのつながりは崩れてしまいます。


魂とのつながりを確認する簡単なエクササイズがあります。

友だちに来てもらうか、もしくはレコーダーを用意します。
今自分が疑問に思っていることを質問してもらいます。
または自分で自分に質問します。
そして、まず考えて答えを出します。
マインドを使ったときの、いわゆる自分の考えで出したものはどのような答えでしょうか?

次に思考を止めて魂とつながった状態で答えを出してみてください。
または、魂が私に対してする答えはどうかと考えてみてください。

答えが出たら次のことを確認します。
・これは新しい答えだろうか? 
・自分が考えたことのない答えだろうか?
・自分を忘れてはいるけれども、自分の細胞の中に入っている古い記憶から出た答えだろうか?
・出した答えに対してどのような感情を持っているか、心に影響を与える答えだろうか?
・暖かさを感じる、愛を感じる答えだろうか?

思考を使った場合はそうではない答えになるはずです。
生活の中でどのような決断であっても、まずこの状態でマインドが考えた場合の答え、
そして魂が考えたら出したであろう答え、その両方の設定を考えてください。
たとえば洋服を選ぶ時、またはもっと大きな、人生を左右する決断をするとでも、
この方法で選択していくと、魂と自分自身と魂のつながりが深まることになります。

神の意志というのは地球上では第一の光線と呼ばれています。
Ray=光の線です。
神の意志の光線とは赤い色をしています。
どの光線にもそれぞれのマスターがついています。
第一の光線のマスターはエルモリアいう存在です。
それをさらに管理しているのがマヌアルゴビという存在です。
この神の意志を象徴する赤い光を自分に統合することによっても神の意志を自分の生活の中に
表現していくツールとなります。
魂に必要なものと、あなたの性格が求めているものは異なることがあるからです。

生活の中で決断に迫られたときは、このことに注意しながら、マインドから来ているのか、
魂から来ているのか注意し、また決断をするときの自分の感情にも注意を払ってください。
先ほど言った暖かいとか愛を感じるかどうかにも注意を払うことによって、自分の生活の中に
より高次のものを取り入れていけることになります。

魂を自分に統合していくと何が起きるのでしょうか?
魂の中にある古い知恵が現実の中で表現できることになります。
今私とつながっているレイですが、私はここしばらく彼を導いています。
彼はだんだん進化していって今シンボルを受け取るようになり、その他のいろいろな知識を得ています。
同じようにみなさんが、ここに座っている一人一人がさまざまな能力や力を持っています。
そして魂とつながることによって、もしくは神の意志に従うことによって、あなたがた一人一人が
まったく新しい世界を変えるような情報を受け取り、それを実践していくことになります。

なぞなぞで終わりにしましょう。
ここにいる人の一人は、将来的に暴力的になるとわかっている子どものエネルギーを変える能力を持っています。
でもまだその能力は活性化されていません。
自分の魂とつながることによってその能力をこの人生で使えるようになります。
暴力的になる可能性を秘めた子どもに対して、それを変える能力を実践していけば
この世界はどれだけ変わるか想像がつくはずです。
また、アルツハイマーのような病気の潜在性を持っている人にも使える能力です。
75才ぐらいでアルツハイマーになると設定されている人でも、その人が30代か40代のうちに
その人に留まっているエネルギーを開放していけばそれは現実化することはありません。
それを変えることができる能力を魂の中に持った人がここにいます。

また、ハリケーン、台風のエネルギーに働きかけて、もっと人のいないところ、ダメージが少ないところに
移動させる能力を持っている人もいます。3ヶ月前にそれを察知して、それに働きかけるという能力です。
魂の中にある能力というのは本当に無限のものです。
あなたがた一人一人が自分の魂とつながるというワークを毎日行って、魂の中にある知恵、能力を
この生活の中で開花させてください。
いわゆる魔法といわれるようなことが現実になってきます。
では、クツミはここで終わりになります。

《 デジャルクールの瞑想 》

光の存在である皆さん。皆さん一人一人の中にいる神に対して敬意を表します。
この特別な日にみなさんとつながることができたのを嬉しく思います。
新しい水瓶座のエネルギーが地球という惑星に届いています。
この新しい水瓶座のエネルギーを含めた新しいエネルギーと統合するための瞑想をします。
あなたがたはそれぞれさまざまな方法で自分にエネルギーを取り入れるということをしてきました。
でもこの2009年というのはさまざまなエネルギーを統合しそしてバランスを取る年です。
エネルギーを統合する、自分に取り入れると何が起きるのでしょうか?
あなたは拡大している自分を感じることになります。
エネルギー的に拡大するということは人生そのものを拡大することになります。

では目を閉じてください。
そして深呼吸してください。
自分が深呼吸してリラックスできたと感じたら、観音様を呼んでください。
先ほど話した光線ですけれども、観音様は11番目の光線を司っている存在です。
この11番目の光線というのが統合と調和の光の線です。ピンク色、そして輝くオレンジ色をした光線です。
まず観音様を自分自身に呼んでください。
そのあとにピンク色、オレンジ色を思い起こしてください。
クラウンチャクラからピンクとオレンジ色の光が自分の体の中に入ってきて体中を満たすのを想像してください。
肉体のみではなく、自分のさまざまな体にもこの光を満たしてください。
どんな人も誰でもさまざまな体を持っています。
でも今日は7つの体に対しての話をしましょう。
もちろん、あなたが持っている7つのうちの1つは肉体です。
2番目にエーテル体があります。3番目にアストラル体と呼ばれるもの。
そしてメンタル体、そして感情体、コーザル体、そしてスピリット体、もしくは霊体、ライトボディと呼ばれるもの。
今の生活に主な影響を与えているのがこの7つの体です。
この光の光線を7つの体全部に満たしてください。
そして他の次元の、もしくは平行して送っている他の人生にもこの光を送ります。
完全にこの光に満たされ、浸っているのを想像してください。

観音様に今の自分の進化に必要なエネルギーをすべて欲しいと伝えます。
自分の魂の成長に役立つのであれば今不活性化している自分の中のエネルギーを
活性化して欲しいことを伝えます。
何かの色を感じる人もいますし、何も見ない人もいます。
どちらにしても、このプロセスは適正に行われているということを意図しながら瞑想を進めてください。
この過程を進めながら、そのエネルギーを受け取ってください。
観音様は地球に深い平和をもたらす存在です。
深い平和のエネルギーとは純粋な白い色をしています。
その深い平和を示す白い純粋なエネルギーがクラウンチャクラから自分の体に入ってくるのを感じます。
自分がその白い光に浸っているのを想像してください。
そして次の言葉を言ってください。

“観音様のこの平和のエネルギーを受け入れます。
これが私の真実です。私はこの真実を元に生きます。“

そしてそれを吸い込んでください。この地球の平和のエネルギーを吸い込んでください。
そして今落ち着いたらこの地球の象徴であるお仏陀を思い浮かべてください。
この地球を象徴する仏陀のエネルギーは白と黄金を組み合わせた色です。
そのエネルギーをクラウンチャクラから、体の中に取り入れてください。
できるだけそれを吸い込んでください。
そしてこの状態を保ってください。

次に、この銀河連盟のマスターであり、そして今日、この水瓶座のエネルギーを地球に
送っている存在を思い浮かべます。それぞれの存在にこの水瓶座のエネルギー
が自分の体に完全に設定されるように頼みます。
明るいアクアマリンの色薄い水色をしています。
ゆっくりとあなたの体の中に淡い水色が入ってきてそして体に満たされていきます。
それがゆっくりと足元から地球に出て行き、地面で輪になって回転しているのを想像します。
必要なだけ呼吸をしてこの色を取り入れてください。

もう一度観音様を呼び出して、このお釈迦様のエネルギーと銀河連盟のマスターのエネルギーが魂に
調整され、統合されることを頼みます。
新しいエネルギーを取り入れるときは、常に観音様に頼むといいでしょう。
統合されると、目を閉じると自分が拡大されているのがわかります。
思考、考え方もすべてが拡大化されています。
新しいエネルギーを自分に統合するということは、自分の中の量子的な可能性につながることです。
量子的な可能性とは無限の可能性につながるということになります。

覚えておく必要があるのは、自分が(意識を)送るところのエネルギーを自分が受けるということです。
考えるところのエネルギーが発散される、つまり、あなたが自分の魂のことを考えれば考えるほど、
そして魂にエネルギーを送るほど、魂のエネルギーを受け取り、観音様について考え、エネルギーを送る、
お釈迦さまについて考え、エネルギーを送る、そのことによってその存在とのつながりが深まり、
そして自分にもその存在が近づいてくることになります。

これはスピリチュアルなことだけでなく日常生活の中でも言えることです。

例えば、豊かになれない、という恐怖心を持っている人がいます。
常にお金のことを心配して、そしてお金がないといつもつぶやいて、周りの人にも言っています。
その言葉のエネルギーを家の壁が吸収して、家具が吸収して、そしてあなたに返しています。
お金がないと思う思考というのをあなたがつねにその思考に対してエネルギーを与えていて、
8の字のようにあなたに返ってくるのです。
あなたがそれを考えれば考えるほど、そのエネルギーを吸収した家具であれ、何であれ、
それらはあなたに同じものを与えようとするからです。

あなたがそういったことでなく、魂のことを考えるのであれば魂レベルのものが
あなたのところに返ってくることになります。
常に自分が何を考えているか意識していてください。
自分のマインドが何を欲しがっているのか、もしくは魂レベルで何かを伝えようとしているのか、
今魂とつながって何かを考えているのか。
もし水瓶座のエネルギーを本格的に取り入れたいと思っている人がいるのであれば、
今言った水瓶座の淡い水色のエネルギーを取り入れる瞑想を21日間続けて行なってみてください。
この水瓶座のエネルギーというのは新しい始まりを意味します。
ですからこの21日間、このエネルギーを取り入れることによって考え方が画期的に変わることになります。



Home