English/ 英語


About Us

チャネリング
公開チャネリング
個人セッション

チャネリング情報
クライオン
ロバート・シャピーロ
アンマ
ガイア
クツミ

トッド・オボカイティス博士
ロバート・コクソン

エネルギー・ワーク
EMFバランシングテクニック

イベント
イベント・セミナー日程
スピリチュア・ツアー
 
プロダクト
ヒーリング音楽
ソウル・ペインティング
タキオン

 [リンク]
 [お問合せ]

 [Home]
リー・キャロルによるクライオンチャネリング

"2006年の新しい情報"

2006年1月22日 コロラド州ロングモントでのチャネリング

読者への注:
この内容はコロラド州でのライブ・チャネリングの後、リー・キャロルが再度チャネリングを
して内容を確認し、明確に説明しています。ライブ・チャネリングではエネルギーでの
コミュニケーションがありますが、テキスト化されたものでは伝わらないことがあるからです。



皆さん、こんにちは。マグネティック・サービスのクライオンです。ここはいい場所ですね。
皆さんに側近(クライオンの周りにあるエネルギー)の存在を感じてもらって、ここで起きている
ことが現実であることを確信してもらうために、その次元間的なコミュニケーションを物理的に感じてもらいましょう。なにかの香りがするかもしれません・・神聖な存在を意味する花の香り−このメッセージが高次元からのものであることを示すものです。

新しい年、2006年に合わせてこの新しい情報を発信する為に時期を選びました。前回のイベントから時間があったので、私のパートナー(チャネラーのリー・キャロル)に、この全く新しい情報を出す前に、これまで発信した情報について考えもらいました。
これからお伝えすることを分析でもしない限り、それが本当に新しい情報であるとは思わないかも知れません。説明が難しいのですが、例えにもできないことです。でも少しここで休んで、聞いて見ましょう:人間の皆さん、今どれだけあなたが今、この瞬間に含まれているか分かりますか?あなたは今、会場の椅子に座って、ある人間が自分のではない言葉を話しているのを聞いていると思っています。それとも、どこかで以前に話された言葉を読んでいるのかもしれません・・・それでもここにある、「量子レベルでのつながり」に気付いていません。あなた方全て、この経験の中に一緒にいるのです。

私のパートナー(リー・キャロル)はこの量子情報を与える為に5時間を費やしました・・・あなたと隣の人の間のつながりの深さ;あなたをガイア、地球のつながり、あなたとレムリア人のつながり。それはあなたとあなた自身である古い魂とのつながりのことです。そして、もちろん、あなたを私- これまで、このことについて話をしてきませんでしたが。

私たちは以前に、あなたがここにいない限り、(地球上で人間として存在する限り)私が誰であるのかという概念はもてないと伝えました。それが出来るのは、あなたがヴェールの向こう側、次元を超えた時です。ここに来る時、それからここから出て行く時には私が見えるので、突然私のことを思い出すのです。私は地球の定番のようなもので、あなたよりも年が上でも下でもないわけです。私たちはただ、一緒に“存在”するのです。あなたにとって、兄弟のようなエネルギーをもっていて、兄弟として夢に出てくることもある存在、何を言っているかわかりますね。

あなたがここに戻ってきた時を覚えています(地球上の死のこと)。あなたが最後にここを去っていった時のことも覚えています。(あなたの誕生のことを意味する)。あなたの恐怖感、死の床に横になり、目を閉じる前、死とはどんなものかと恐れながら・・・何が真実なのか、何がそうでないのか戸惑いながら・・・それから突然目覚めて、“人生”の意味に気付くのです。大掛かりななぞなぞで、大げさな芝居だったと言うかもしれません。

前にも言ったとおり:死は誰にでもよく起こる移行のことを言います。言い換えれば、周期的な出来事で、誰もが何回も経験しています。ここにいる赤ちゃん、彼女について話しましょう(会場に来ていた、生後数週間の赤ちゃんのこと)。彼女は古い魂で、その素晴らしい魂が人間の幼児に移ったのを見届けました。この地球にはたくさんの新しい魂が来ていますが、この子は違う・・・古い魂です。そして決めてきた通り、両親に試練を与えるはずです。こちらにいる側として私は彼女に別れを告げたばかりです。よく覚えています。あなたに映っている彼女とは大分違う姿でした。地球上の基準を使うなら彼女のエネルギーは8メートルほどでした。あなたがそこにいけたとしたら、3次元の現実ではそのように映るでしょう。深い、美しい民族が素晴らしい色で存在します。よくあることですが、役目を果たす為に、前に死んだ時の、前世と同じ自分のカルマのグループに戻るわけです。それでここにいるのです。

「彼女の役目は?」と聞くかもしれません。では言いますが、彼女の役目は、2007年に彼女と、他の人が何かを受けることになっています。これまでに私たちが発信してきた情報に詳しくない人には混乱するメッセージかもしれません。でもついてきてください。

あなたは誰ですか?私たちはあなたのことをレムリア人- 古い魂と呼んできました。あなたをライトワーカーと説明し、マスターと呼んできました。あなた方の何人が、何故ここにきたかという真実を見出せているでしょうか?たくさんの人が、「私はただの人、一般人だし、若くもない・・・それにやることもいっぱいあるし、忙しいのよ。」というでしょう。

ご存知の通り、あなたは裕福な土地、コロラドにいます。いいことを教えましょう。あなたは地球上で、お腹を空かせて家に帰らなくていい、1.5%の人口の中の一人です。日常の中でこのことを忘れていませんか? 帰る時には車や電車があって、凍えなくてもすむわけです。暖かい家族や友達のいる家に戻ってベッドに潜りこむ。これは偶然でしょうか。同時に自己啓発を促す磁場で生活をしている。赤道上でも、北極、南極上でもないのです。
その間にいる・・・バランスの取れた地域です。これが偶然でしょうか。私が言いたいのは、あなたについているものがある。−目的を果たす−責任のエネルギー−毎日、少しの時間を使って自分自身の持つ神聖な能力を活用して!と渇望しているものです。あなたと他の人類との量子レベルの関係を開発するために使ってください。空いている時間にだけでいい、それが地球を変えるのです。

時間が全くない、と言う人もいるでしょう。でも時間はたっぷりあるのです!時間がない人というのは誰のことか知っていますか?あなたたち以外の人々・・・生き残りをかけて戦っている人々、常にお腹を空かせている人のことで、彼らには、本当に時間がないのです。時間がない人とはそのような人々のことであって、地球上の、大多数の人がそういう状況なのです。でもあなたにはある・・・それも偶然ではありません。そしてあなたがここに座ってこのメッセージを聞いているのも偶然ではありません。

では、これを読んでいる読者の皆さんはというと、これを読む気になったのも偶然ではありません。あなたがこれを目にすることを分かっていたことで、そして私たち全てがここにいます・・・聞いている人と読んでいる人。見ることはそれでも、ここにいる人は「なぜそういうことになるの?あなたは将来的に起こることを、今起こっているかのように言っているじゃないですか。と言うかもしれません。そうです。それは一つの量子エネルギーにまとめられて、全部がつながっているのです。私には誰が読んでいるのか、誰が聞いているのか分かっています。読者の皆さん、あなたも生き残るために戦う必要のない人です。少し時間を取って、この惑星の闇のある場所に光を送ることは出来るはずではないでしょうか。多分、そのために自分がこの地球にいるのでしょう。
では、なぜそれが特に今、重要なのか説明します。

これを始める前に、時間を前後して話をしたいと思います。通常であれば話の最後に話すことですが、最初に話します。これから話すことの前置きとなるものです。もし、私のパートナー、リーが時間をかけてゆっくり、明確に伝えることが出来たらもっていいですね。
(リーが早口にならないように忠告)

二人の旅人

旅行に出る人に当てはめることのできるたとえ話です。
この旅人、この人はどこに行こうか決めてから家を出発します。現実として、彼は生きて帰る為に、どこまで行くかはその場所にあるものに注意して進まなければいけません。こういうふうに旅をしています。食べ物のある場所から遠くに行くことはしません。彼が体調を気にする人であれば医療機関があるところから遠く離れることはしないでしょう。もし彼がライトワーカーであれば、必要な時に助けてくれる、他のライトワーカーから遠く離れるようなことはしないでしょう。ですから、彼の旅というのは、その場所にある資源によって、道が決まるわけです。

以上のことはすごく3次元的ですね。 あなたは計画通りの場所に行きます。食べるためにどこかによらなければならなくて、もし食べるものがなければ、探しにいかなければならない。体調を崩したら、助けを求めて病院を探さなければならない。誰かを助け、誰かに頼る。これは適切なことでしょうが、あなたの道はその場所になにがあるか、頼れる誰かにいるかどうかによって決められ、導かれていきます。そんなことは意識したことはなくても、ただ、そうなっているのです。ですから、今、あなたは「それが普通ですよ。話のポイントは何なのですか?」と聞くかもしれません。次の話と比べれば、この意味が分かるはずです。

もう一人の旅人の話です。次元間的な旅人。彼もあなたと同じ、人間ですが、彼はその場所に何があるかによって、旅行先を決めない人です。何故かと言うと、必要なものは“自分のポケット”にあると知っているからです。分かりますか?直感とは反対の形で物事を捉えるもので、もし何かが必要な時は、立ち止まって、ポケットに手を入れて、必要なものを取り出すのです。奇妙なことに、それまでポケットには何も入っていなかったのです。

この不思議な話に続きがあります:時々、彼はすごく大きなものが必要になりますが、彼のポケットはとても小さいのです。すべて洋服についているポケットですから。でもそれは問題ではないようです。時々、彼はとても大きなものをとても小さなポケットから取り出すのです。わけが分からなくないですか? 周りの状況がある方向を指し示していたら、ただそれに従うのです。そこに必要なものがあるかどうか考えません。そこにあるエネルギーとその道が適切であることを感じて、その道を進むのです。彼は次元間的な旅人、マスターと呼ばれる人です。

ここで本題に入りましょう。でもこの2つの話、古いエネルギーと新しいエネルギーを表わす2人の旅人のことを覚えておいてください。でも、今まで話したことのない情報、パズルの全てを明かそうと思います。

それはこうです。

ここ数年、話題に上ってきた、1987年のハーモニック・コンバージェンスという大きな出来事があります。それは11:11、大変革、潜在的な変化の時と言われています。それはベールの向こう側、高次元における、あなたの他の部分による合意−打ち合わせの時でしたこの地球上に存在している、存在したことのある、また来ることになっている、全人類がこの変革に関わりました。そのため、それは量子レベルでの決定で、あなた方の存在のほとんどがこの地球上にはない部分に対して調査が行われてその調査の結果として変化が起こることになりました。そして調査の対象となったこの団体が変化を決めるのです。その変革のプロセスは動き始めようとしていて、新しいタイプのエネルギーがこの地球に訪れようとしています・・・地球の自然、また人工的な部分をさらに活性化するため、一定の秩序の中で様々な活動や出来事が起こることになっています。この、さらなる部分についてお話しようと思います。これから話す全てのことは過去にも話したことはありますが、このように一緒にしたことはないですから、今それを聞いて欲しいのです。

ハーモニック・コンバージェンスの直後、エネルギーが変化を初め、あなたがたはそれに直面しました。地球の政治状況を見たでしょう。私たちは1989年にハルマゲドンは起こらないと伝えました。予言を信じていた人々にとってはいいニュースだったはずです。それと同時に、混乱していました。それを信じない人も多かったのです。結局、それは予言されていた、期待されていたのです。それが起きなかった後でも、まだ混乱して、恐れている人も多くいました。それが人類の奇妙なところです。線路の先に悪いことが待っていると知っているほうが、線路がなくなってしまうよりはいいと思っているのです。

そして私のグループが到着し、直接あなた方に地球のマグネティック・グリッドがその12年で大きく変化するという情報を与え、そしてそれがはじまりました。それと同時にその証拠も残りました、地質学者でさえその磁気の変化を測定したのです−以前よりもそれが大きくなっていると。それから私たちはそれがDNAと関わりがあると伝えました。地球上の平和を達成したいのであれば、あなたが自分自身の目的と感じる何かの可能性を現実化させたいのであれば、この地軸、マグネティック・グリッドを変える必要があり、それがどういうわけか、あなたの肉体の、実際のDNAの可能性を変えることになるのです。それがグリッドのグループが来て行ったことの理由です。

クライオンは1989年に来たのではありません。クライオンはずっと地球に存在しました。グリッドのグループが1989年に来たのです。そして2002年に戻っていきました。その磁場の調整が完了し、他の出来事が起こり始めました。それらの出来事とは、あなたが論理的に思いつかなかったことです。その一つは殆んどの人が完全に見逃してしまっています。
でもそれら全てはつながっています。一つ一つが。その幾つかは11のエネルギーを持っています・・・分かりやすいように。11のエネルギーと言うのはクライオンのエネルギーであり、変革のエネルギーでもあります。
これは新しい情報ではありません。1989年にお伝えしたものです。それはグリッド・グループのエネルギーでもあります。それは今に至るまでこの地球上で行われてきているもので、今現在起きている出来事からもその系統のエネルギーを読み取ることができるはずです。また、私たちは9のエネルギーがそのパートナーであり(クライオン1−1989年)完了のエネルギーであると伝えました。

ヴィーナス・トランジットについてお話しました。それは使い古されたこの地球に必要な出来事で、それによる影響が求められていたのです。周到に準備が進められました。ただの天文学上での出来事だと思った人もいます。占星術における出来事だと感じた人もいます。事実上は、エネルギーのイベントだったのです。私たちはそれがどのようなものであったか、どこで起こったのか、話してきました。それが女性的なバランスをもたらす為のイベントだったと言いました。それが今、この時期、これだけの政治的な混乱が起こっている理由の一つでもあります。世界各国の「最も男らしい」リーダーたちの怒りが頂点に達しているのです。気付いていましたか?その怒りは、地球に起こっている女性的エネルギーのバランスに対してなのです。それは直感的な怒り−彼らのDNAにあるもので−ただこの変化の中でここにいることが不快なのです。よく見ていてください。彼らがミサイルを打ち合うとしたら、それは男らしさを競う為のもので、彼らはもうすぐ支配権を失うことに気付いています。

要するに、男性性と女性性のバランスが取れてきているということです。そのような形で地球の問題を捉える人はあまりいないかもしれませんが、それが真実です。男性性と女性性に二極化されたこの地球において、女性性にバランスの取れてくると、その影響を最も強く受けるのが、自分自身のバランスの取れていない人々です。彼らが男性支配の国家を代表している場合は特に問題です。彼らはそれを感じ始めています。周りを見てください。何を言っているのか分かるはずです。この、男性性、女性性のバランスはバランスの取れた人間性への鍵となる要素です。だからこそ、女性性のエネルギーが今後の選挙でも主要な役割を果たすのです。これが偶然だと思いますか? アメリカにおける政治史上、初めてのことです。男性性と女性性のバランスが取れたら起こることになる偶然なのです。

でも、これが私の話したかったことではありません。これは前置きで、歴史です。
この一連の出来事の中で別のことも起こっています。グリット(地軸)が完成しました。ビーナス・トランジットが起きました。次にハーモニック・コンコーダンスがハーモニック・コンバージェンスを挟み込みました。それは以前に話しています。これら全ては変化の兆候が見られ、そしてそれが完了する数年を示しています。私たちにとって、これらの出来事はあなた方に起こったように次々と、線形順序ではなく、回転する(私たちの頭の中では)順序、輪の中で起こりました。そしてこのエネルギーの輪によって他のことが起こりました。

最近、地球上で起こったとても深いエネルギー的なイベントの1つについてほとんどの人は気付いていません。何故でしょうか。それはあなたが眠っていたから、見ていなかったからではありません。それよりは(1)期待していなかったから、そして(2)それを見たとしても、信じることができなかっただろうから、です。

2005年3月5日、大きな出来事が起こりました。誰かがそれを見て、名前を付けました。人間の言葉では、パラダイス・マトリックスと呼ばれるものです。それが何を意味しているのか伝えますが、それを聞いたら、何故グリッドが変更されたのか、またその設定についてもっとよく理解できるはずです。私は2005年のパラダイス・マトリックスを“アセンションの日”と呼びます。地球で生活したことのある全てのマスターがこの地球に戻ってきた時だったのです。彼らが戻って来たのです。

思い出してほしいのですが、ほとんどのマスター達は他の形となって戻って来る、地球の平和が近づいた時に戻って来ると言っていました!この約束は、彼ら全てが果たしていませんでした。彼らは今、ここにいます− 彼らの肉体のことではなくて、一体となった意識のことです。

この一体化したアセンション意識は完全に12年間を費やし調整されたマグネティック・グリッドに同調しました。その完全に同調されたマグネティック・グリッドはマスターエネルギーがその上に存在できるように作られたのです。その上でエネルギーが作り出しされ、顕現の可能性として人間のDNAに送られています。

この幾つかを明確に説明します。そのグリッドのエネルギー的な変化はこのマスターエネルギーのために準備された“ベッド”のようなものでした。そのマスターエネルギーはグリッドの目的を達成する為、準備から27ヵ月後、2005年3月5日に戻って来ました。それはグリッドを人間のDNAへのマスター・トランスミター(伝達機)として機能させるきっかけとなりました。伝達された情報は、しかしながら、ただ、次元間的なメッセージでした。あなたは受信者であり、自由意志を通じてこのバランスの取れた美しいエネルギーを“受信”できるわけです。では、これがどのように“ヴィーナス・トランジット”と関わりを持つのでしょうか?

それをこれからお話します。1989年(11:11)、あなたがた人類は、不可能を創造するという決断をしました。地球を平和な場所にすることが果たしてできるのでしょうか?周りを見てください。そんなことが可能でしょうか?(多くの人は無理!と言うでしょう)
それでも、私は出来ると思うのです。何故なら、私には見えないところで起きていることが分かっているからです。地球のマグネティック・グリッドは今、マスター性の属性を有していて、その為に変更され、創られたのです。これは話したことのない情報です・・・
グリッドの変更の本当の目的は「アセンションの日」の為だったのです。今、人間のDNA受信体制が整いました。思い出してください、人間のDNAにはそれぞれの磁場があります。DNAの実際の特質は輪状のもので、この輪が磁場を作り出しています。この磁場についてはすでに科学分野において発見されており(ヴァルディミール・ポプニオン博士)、
量子場であるとも言われています。ですから、地球の磁場が電磁的なインダクタンス(二つの磁場が交わった時にその性質を変化させること)によって人間のDNAが影響を受けることは、すでにスピリチュアルな世界の想像の産物ではないのです。

今、この変化が人間の体内のDNAを変えることが可能になりました−自由意志を通して。
分かりますか、起こっている全てのことが目に見えないわけではなく、その幾つかはすでに論理的に説明できるのです。皮肉なのは、これらの変化が最古の民族のカレンダーにおいて予言されていたと言うことです。

その他にも起こることがあります。それについてはあまり話されていません。1999年に少しだけお話しました。2007年9月9日、この日が目印です。スピリットによって決められたこの期間がその変革の中心となります。変化の潜在性であり、庭の椅子に座りながら眺めることが出来るような出来事ではありません。(クライオンのジョーク)これらの日付は広範囲のエネルギーの変化の印で、その出来事を観察する為のものではありません。


2007年9月9日、地球上の「インディゴ・チルドレン」が計画を実行します。彼らの数が十分に増えるまで待たなければいけませんでしたが、今、これまでにないほど、インディゴの数が増えました。彼らの中にはすでに大人になりつつある人もいます。しかも世界中に広がっています。イランにもまとまっています。知っていましたか?彼らについて、まだ何も聞いたことはないでしょうか、聞くことになります。2007年9月9日、彼等全員が計画を実行するのです。地球の子供たちの新しい意識に宇宙からのエネルギーが吹き込まれるという計画。私のパートナーが言ったように、これは一瞬にして起こる出来ことではありません。全てが同時に起こるわけではありません。それは段階的に起こるもので、あなたは意識の変化に気付くはずです。それを気に入らない人もいますが、でも、どういうわけかきちんと整理されていることに気付くはずです。

多くの人がどんなエネルギーの構成がそんなことを起こすのか不思議に思いながらも、それが意識の変化だということに気付いて、それが集合的な目的になるのです。ですからその「構成」によって、インディゴが自分たちの「計画」を直感的に感じるようになるのです。全て同じですが、彼らにも自由意志があり、やりたい事を選択できるのですが、それでも地球上の若者たちが徐々に、集団的な動きとして、今あなたがもっている知識や論理的思考を吹き飛ばす、特異な行動を起こすのを見ることになります。

彼らが政府に横槍をいれて、不可能に見えること、体制に対抗し、神聖なる規律を放り出すようなことを始めたとしても、ショックを受けないで、驚かないでください−これが、新しいエルサレムを創造する唯一の手段だからです。古い概念の枠組みは手放さなければいけません。パレスチナ、イスラエルでも、ヨルダン、シリアにも彼らを見つけるでしょう。アラブ首長国連邦やクウェート、イラクとイランにも見つけます。わざわざこれらの全ての場所を言っているのは、彼らインディゴが存在しえないと思われる場所だからです。
これらの地域でこそ、インディゴ・チルドレンが大きな変化をもたらす場所なのです。お伝えしているのはその計画が始まる日です。その影響が現れる日ではありません。でも注意していてください、見えてくるはずですから。それらは存在しているのです。

では、この話の最初に戻ります。

この地球のマグネティック・グリットの中に、今、この時期全てのアセンデット・マスターが戻ってきています。彼らは全て一つのエネルギーであり、特定の宗教の思想を象徴しているわけではありません。彼らは分けられることのない、一つのエネルギーです。この会場にいる全員の人、またこれを読んでいる人には自由意志があり、この考えを受け入れることも受け入れないことも可能で、それにより自分自身の進化の過程、方法を決定します。しかしこの意味深い情報をよく分析してみるとあなた自身に意味があることだと思えるかもしれません。

地球上に存在したマスター達のことを読んだ時、感動しましたか?人間の皆さん、マスターになるということがどんな感じなのか教えましょう。道を歩きながら、「そろそろ何か(食べ物など)が必要だな。」と言ってポケットの中を見て、それを見つけます。そして、「分かっていた。そうだと思った。」と言うのです。もうすぐ、必要な時に玄関先にそれがあると思うようになり、それから、それを自分が作り出していることに気付きます。不可思議なことだと思う人も大勢いますが、これが「宇宙の法則」と思う人もいます。
身体を蝕んでいる病気あることに気付いた時、怖がったりパニックになったり、友達全員に電話をかけて助けを求めたりしないで、その代わりに下を向いて、「ポケットがあってよかった。ここに癒しもあるはず・・・もう自分の中にあるのだから。」を言える人は恵まれています。マスター達は自分自身をよりどころにしていて、外からの助けを必要とせず、完結した存在なのです。しかしマスターというのは自分の源が全ての集合エネルギーであり「神が認識している。」ことを理解しています。つまり彼は神の一部であり、その必要なものはそれに組み込まれているわけです。

「ここに行こうか、それともあそこに行こうか。」と迷いながらも、そこに生活の糧があるかどうかを考えない人は恵まれています。「自分のポケットがあってよかった。」と彼は言って、未知の場所へ向かっていきます。こういった種類のエネルギーに責任を持つ人がどれくらいいるのでしょうか?

「クライオン、それが良いとは思えません。それはつまり地球上の全ての人が最後にはマスターになる、ということなのですか?」 いいえ、でも自分の前にある道具を認識するマスター職人の数は十分に増えるはずです。それからそれをどのように使うのかを学び始めます。その道具とはグリッド、地軸のことです、分かりますね?それはもうその場所にあって、準備ができています。もうあなた方がそれを作りはじめる時期がきていますが、どのくらいの人がそれをできるでしょうか?それは一般的な人の考え方にそぐわない、直感ではわからないことかもしれませんが、これを始める人もいます。

聖書の中のパンと魚の話を多分、聞いたことがあるでしょう?あれは本当に起きたのでしょうか? ええ、もちろん。起きたのです。こういったことはインドの幾つかの地域で毎日起きていることです。知っていましたか?無から何かを作り出しているかのように見えること、それがマスターのポケットのことです。これから後、食べ物、その他の必需品のある場所ではなく、代わりにただ情熱の赴くままに、望む場所に旅をする人は恵まれています。というのは、宇宙は常に必要なものをそろえてあなたとともにいるからです。

聖書の中のイスラエル民族が砂漠をさまよっていた話を知っていますか?彼らには毎日食べ物を与えられていました・・・全ての民族が、40年間です。その食べ物はどこから来たのでしょうか?これは実際に起こったことなのか、それとも多分、神話なのでしょうか?
彼らが宇宙の真実に基づいた偉大な、適切な知恵のポケットを持つマスターに従っていたというのが事実です。歴史は実際にこれがどのように働くかを見せてくれています。

この会場にはこういったことが起こっている人達がいます。軽い気持ちで受け入れている人もいれば、完全にそれをよりどころに生きている人もいます。しかしグリッド、地軸の新しいエネルギーは全ての人にとって、あなた方が今まで経験してきた以上に、想像を超えてさらに高まることになります。この会場には、もし始める前に必需品があることを確認していたら阻止されていたはずのことを成し遂げた人もいます。この「その必需品はどこから手に入れればいいのだろうか?」という3次元的な概念が彼らを妨害していたはずですが、実際にはそうならなかったのです。何故なら、彼らは下を向いて、「ここにこのポケットがあってよかった!」と言ったからです。

マスターの皆さん、これ以上分かりやすくできるでしょうか?あなた方の何人かはこのような形で生きていくことになります。でも、本当はこの話の一部でも真実を言っていると受けとめる全ての人に可能なことなのです。以前は準備ができていなかったことが、今では環境が整ったのです。これら全てが新しい概念の枠組み−新しい変化を表わしています。
インディゴ達、彼らの何人かは本能としてすでにこのことが分かっています。新しいパラダイムを使っているインディゴは、常に必需品の近くにいようとするあなた方にイライラするのです。あなたの旅路の為の地球の調整のプロセスは続いていき、そしてさらに変化していき、そして、そう、最も必要とされる場所での地球上の平和を遂げる機会を作っていること、それが私からのメッセージです。

この地球は大きなところです。舞台は面白い展開になってきました。ちょうどスケジュール通り、地球の大きな問題のいくつかがこれから起きようとしています。そして、あなたがここにいるのはそのためです、灯台として。もう一度言います。灯台が安全な場所に建てられることはなく、だからあなたがここにいるのです。あなたは必要とされる存在です。でもこれは風の強い真っ暗な寒い夜のような悪いニュースではありません。これはあなたが行うことの一つというだけです。分かりますか?そのためにここに来たのです。それはもうすぐ通り過ぎることになっています。あなたが今、ここで、暗い怒りの中で違いを生み出すことのできる一人なのです。

あなたとイスラエルには量子レベルでのつながりがあり、同じようにパレスチナともつながっています。もしこの絆を理解して活用しようとするなら、彼らが地球上での彼等自身の役割を理解して、必要とされる調整が行われるように、あなたが光を送ることが出来ます。私たちは中東での、民族間の秩序を覆すような出来事を予測しています。どのようにしてこれを成し遂げるのでしょうか?それをあなたがはじめるのです。出来ますか?そこに光を送って、変化が起こるのを確かめてください。この道具を使って、そこに座りながらでも個人的な変革を始めてください。

この日を転換の日として、ここに来た本当の理由を悟った日として覚えておいてください。あなたがそれをするなら、私はあなたのそばにいて、あなたを祝福し、賞賛し、そしてあなたに尽くします。なぜなら、そのために、私がここにいるのです。私の愛する人類のために。
それが真実です。

クライオン




Home